自治体

公共料金を多くの自治体クレジットカードで支払うことができるようになっていますが、
リペアファンデーション

どのようなことに注意したら良いのでしょうか。最も大事なことは、口座自動振替の時は使えていた口座割引が、クレジットカードからの公共料金の支払いには適用されなくなるということです。ほとんどの電気会社や一部の自治体での水道料金に割引制度が適用されています。しかし、クレジットカードからの支払いにすると、この割引制度が使えなくなってしまいます。クレジットカードはその代わりにポイントが入るので、よりお得な方を選びましょう。自治体の中には、口座引き落としでも割引をしていなかったところもあります。その場合は比べるまでもなくクレジットカードがおすすめです。口座振替とクレジットカード払いのどちらは得をするかは持っているクレジットカードによって異なります。年会費がかからず、ポイント換算率が利用額の1%なら、クレジットカードが有利です。クレジットカード払いの場合には支払金額が多ければ多いほどメリットがあります。もしもクレジットカードで公共料金の支払いをするなら、公共料金全部を一緒のクレジットカードで払った方が結果的に得です。ポイントを貯めてスムーズに使えるようにするなら、クレジットカードを集中させることです。効率的にポイントが貯まるような支払い方で、公共料金のクレジットカード払いをしましょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です